40代の女性が再就職として事務職に就くために必要な事って?

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

いくつになっても外に出て仕事をしていたい!という方も多いと思います。

40代になっても、50代になっても再就職をして働くにはどうしたら良いのか…

体力的にも営業などで外回りをするような仕事はキツイと思いますので、

「事務職」に焦点を当てて考えてみましょう。

 

考えておきたい事①どんな事務か

「事務」と一言で言っても様々な種類があります。

種類によって業務もかなり変わってきます。事務の一部を紹介させて頂きます。

 

☆営業事務

営業をしている方のサポートを行うのがこの事務です。

サポートする人数は様々で、1人のサポートをする事もあれば、5~6人の

営業チームをサポートする事もあります。

業務内容も幅が広く、データ集計等を行う事もありますし、電話応答はもちろん

受注発注や日程調整業務等々も行う事があります。

 

☆医療事務

言葉の通り医療機関での事務になります。

業務内容が普通の事務と異なり、診療費の計算や受付など、病院のさまざまな

場所で専門用語と知識を使用しながら行うのがこの医療事務になります。

専門職である為、他の事務より給料部分でも高い傾向にある事務になっています。

 

考えておきたい事②どんな働き方をしたいのか

働くにしても、就業形態は今色々。

どんな風に、どれだけの時間働き、どれだけの給料を目指したいかによって

希望先も変わってきます。

 

☆正社員雇用

安定性の面からもこの働き方を希望される方は多いのではないでしょうか。

ただ、現実的には年齢が上がれば上がるほど、再就職が難しい事が多いのが

この雇用形態です。

後は時間的にも拘束されてしまう事もあるので、必ずオススメとは言い

切れない雇用形態でもあります。

 

☆契約社員

正社員雇用の方と同じように交通費が支給であったり、賞与も出る事もある

雇用形態になります。

時短勤務での雇用で開始出来る場合もあるので、拘束部分では多少融通が

利く場合もあります。

 

☆派遣社員

事務職種の場合、案件の数として多いのはこの雇用形態でもあります。

時給で計算をする雇用形態であり、交通費や賞与の支給がないものではありますが

残業がない場所も多いですし、逆に残業をしたい方向けの案件がある事も多く

再就職においては案件が探しやすい雇用形態でもあります。

 

考えておきたい事③どんな資格を取っておくと良いのか

医療事務のような「専門職」を目指すのであれば、「医療事務」の資格を

取得するのがまず第一になります。

ただ、資格を取ったら就職出来るというものではありません。

特に医療事務は人気の職種である事もありますし、条件の良い所はなかなか

空きが出ない状況です。

 

目指す先が明確であれば、その資格を取得して欲しいのですが、

そうでない場合勉強して頂きたいのが「PCスキル」になります。

今はどこの会社でもPC・OAを必ず使います。

紙べースでのみ業務を行っている所はかなり少なくなっています。

その為、PCスキルは是非身に着けていただきたいスキルです。

OAの資格もありますので、OAスキルを取得されるのもオススメですし、

PCの本を買って、自宅で勉強をしたり、PCスキルのセミナーや講座に

参加をするのもオススメです。

派遣社員の場合、PCスキルが高いとそれだけで時給があがる事もありますので、

是非取得をしていただきたいスキルになります。

 

年齢関係なく外で活躍が出来るよう、スキルをみにつけて、スキルアップ

しちゃいましょう!

 

writting by hinatahina


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

わたしがビーグレンという化粧品だけは、お勧めする理由


このブログでは、ほとんど化粧品の紹介をしていません。

なぜなら、

キレイな肌、かわいくて優しい性格は、



『シンプルな化粧品。地道なことをコツコツと。』



が、できていれば、必然的に手に入るからです。





しかし、ビーグレンだけはお勧めしています


その理由はこちら>>>