40代の女性におすすめの資格はこれ!

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

年齢が上がっても活かす事ができる資格があると心強いですよね。

とはいえ、むやみやたらに取ってしまったとしても活かす事が出来ないと取得を

するのも資格は大変なのに意味がありません。

40代の方が持っていると、その後も活かす事が出来る資格はどのようなものなのか

資格を取得したその先をちゃんと理解した上で、自分にとって必要な資格を取得

してはいかがでしょうか。

 

資格①宅地建物取引士

「宅地建物取引士」は、不動産の売買や賃貸の仲介において不可欠な資格

となっています。

この資格を持っている人がいないと、不動産の売買や仲介をする事が出来ない

事もあり、常にニーズが高い資格の1つです。

それまでは「宅地建物取引主任者」という名前の資格でしたが、その資格の

必要性・重要性の高さから「士」のついた現在の資格名称に変更をしています。

不動産業界は2020年のオリンピック需要の影響を多大に受けている業界である

事もあり、今度も必要性が高くなると言われています。

なくては商売が出来ない資格ですが、しっかり勉強をする事で取得する事が出来る

資格でもありますので、これから取得される人にもお勧めの資格になっています。

 

資格②介護福祉士

高齢化が進んでいる日本だからこそ必要ともいえる資格です。

この「介護福祉士」という資格は、お年寄りや身体の不自由な方の介護をする

専門職の方資格になっています。

仕事内容としては大きく分けて3つ。

1.食事や入浴、車いすでの移動補助などの「身体介護」

2.利用者や家族からの介護に関する「相談・助言」

3.生活に関わる家事や身の回りのお手伝いを行う「生活支援」

このほかにもヘルパーの方の指導や介護計画の作成などを行います。

活躍する場はとても広く社会福祉施設や老人ホーム、訪問看護などなど。

介護業界は体力も必要なので、だれでも出来る業界ではありませんが、

今最も必要とされているとも言われている介護業界だからこそ、

そこで活かせる資格を取得しておくと強いですよね!

 

資格③保育士

子育てがひと段落した方や、子供が好きな方に特におススメなのが

この資格になります。

仕事の上で結婚や出産はハンデになりやすいですが、その経験をまさに活かす事が

出来るのがこの「保育士」。

少子化と言われているものの、テレビやニュースでも良く言っているように、

保育所に入りたくても入れない「待機児童」の数は年々増えています。

働きたいのに働く事が出来ない!のは悲しいことですよね。

そんな「困った」状況で役にたつ事が出来る資格が保育士になります。

保育士の資格を持っていると、保育所はもちろん、保育ママ(家庭的保育者)や

児童福祉施設、ベビーシッター、企業内保育所などなど。

様々な場で活躍をする事が出来、ニーズが右肩上がりで増えています。

合わせて資格自体も取りやすいのが特徴です。

試験には筆記試験と実技試験があるものの、筆記試験は

「6割以上の得点で、その科目は合格」と厳しい制限ラインはありませんし、

一度合格した科目は3年間有効でもあるので、焦って全部の科目を取らなければ

いけないという事もありません。

 

資格を取得するには勉強をしたり、準備をしたりしなければいけないので

「本当」に自分がしたいと思う仕事をする為に必要な資格を取って活かしたいですね。

 

writting by hinatahina


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

わたしがビーグレンという化粧品だけは、お勧めする理由


このブログでは、ほとんど化粧品の紹介をしていません。

なぜなら、

キレイな肌、かわいくて優しい性格は、



『シンプルな化粧品。地道なことをコツコツと。』



が、できていれば、必然的に手に入るからです。





しかし、ビーグレンだけはお勧めしています


その理由はこちら>>>