25歳のアンチエイジング方法

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

25歳のアンチエイジング方法

今年で社会人3年目、25歳になります。

 

中学高校ではテニス部に入り毎日日光を浴び、

大学ではダイビングサークルに入り毎年真っ黒に日焼けする、という学生生活を送ってきました。

 

あまり美容に関心がなく、学生の頃の日焼け対策といっても、

日焼け止めを塗る程度で、とても日焼けしてしまった日もなにか対策をするわけでもありませんでした。

 

ですが、

社会人になり周囲の女性たちに比べると、

自分の肌が荒れていることや、肌が黒いことをいつもコンプレックスに感じ始め、

 

「学生時代のつけが回ってきたな、なんとかしなくては!」

 

と美容に気にかけるようになりました。

 

今では学生時代の友達にも、「きれいになった!白くなった!」と言われ、

会社でも「何の化粧品使ってるの?」と聞かれるまでになりました。

 

 

そんな私のアンチエイジング方法をご紹介します。

 

25歳のためのアンチエイジング成功法則

スクリーンショット 2016-02-14 8.56.00

まず、毎日のお肌のお手入れです。

 

化粧品はすべてファンケルを使用しています。

 

 

とにかく一つ一つの工程を丁寧に行うことです。

 

 

例えば、

お風呂で顔を洗うときはぬるま湯で洗う、

自分で思っているよりも念入りにそそぎ、荒い残しに注意する、などです。

スクリーンショット 2016-02-11 20.26.06

お風呂上りには、体が温まっているうちに化粧水をつけてください。

もし冷めてしまった場合には、一度ホッとタオルなどで顔の毛穴を再び開いてから、化粧水をつけるようにしましょう。

 

 

出かけるときは、冬でも、曇りの日でも、日焼け止めを塗るようにしています。

夏場であればこまめに塗るようにしています。

 

やはり経験上、強い日差しは本当にお肌に毒なので、

なるべく避けてください。

 

 

夏は日焼け止めと日傘は必需品です。

日焼け、とはいっても、軽いやけどです。

 

 

もしも日焼けをしてしまった場合には、すぐに冷やすようにしてください。

 

25歳アンチエイジングのための食事法

スクリーンショット 2016-02-14 8.55.26

次に食事方法です。昔はとりあえず野菜を食べておけばいい、

と思っていましたが、野菜を食べるだけではアンチエイジングにはなりません。

 

いろいろな種類の食材をとることが大切です。

外食やコンビにで済ませるのはもってのほかですが、

自分で作るにしても、食材の種類にこだわって作る必要があります。

 

初めのうちは、手間もお金もかかるかもしれませんが、一生のことなので食事にはこだわりたいですよね。

 

海藻類、きのこ類、お魚、お肉、お野菜、お野菜の中でも緑黄色野菜など、

それぞれ今日一日の中でしっかり摂取できたかを考えて作るようにしてください。

 

なんといってもアンチエイジングで大切なのは、毎日を丁寧に暮らすことです。

 

「今日はもういいや、明日やろう。」なんて思ってはいけませんよ。

日々の積み重ねがアンチエイジングにつながるのですから。

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。

30代後半がすべきスキンケアとは??

 

20代前半で美人になる方法!??

 

20代後半で美人になる方法!!

 

長澤まさみが可愛すぎる理由

 

 


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

わたしがビーグレンという化粧品だけは、お勧めする理由


このブログでは、ほとんど化粧品の紹介をしていません。

なぜなら、

キレイな肌、かわいくて優しい性格は、



『シンプルな化粧品。地道なことをコツコツと。』



が、できていれば、必然的に手に入るからです。





しかし、ビーグレンだけはお勧めしています


その理由はこちら>>>