40代後半で肌綺麗な理由

この記事は5分で読めます


スポンサードリンク

え、これだけ!?40代後半で肌綺麗な人の理由

 

スクリーンショット 2016-01-12 22.37.59

 

40代後半で肌綺麗な人の3つの理由

スクリーンショット 2016-01-12 23.13.42

40代後半で肌綺麗な人の理由
Point1*エクササイズをしている!*

スクリーンショット 2016-01-12 23.15.28

 

 

このブログでは、結構多くの女優さんのスキンケア方法を調べて、記事を書いてきました。

 

その中で見つけた肌を綺麗に保つための法則の一つがこれです。

 

『エクササイズを欠かさない』

 

私は、これが40代後半でも肌を綺麗に保つための大事な基本だと思っています。

 

 

しかし、

多くの人は実践してませんf^^;

 

 

それはなぜか???

スクリーンショット 2016-01-12 21.18.59

 

 

そうなんです。

 

 

しかし、

いつまでもテレビから消えることなく、人気がある女優さんほど、
忙しい中でも時間を割いて、エクササイズに行っています。

 

 

 

それほど、

エクササイズで汗をかいて、カラダの中の老廃物を出すことを大切にしているのです。

 

 

 

 

 

40代後半となると、カラダはどんどん溜め込むようになります。

 

 

なので、

溜まったものを外に出していくことに、エネルギーを注ぐ必要があるのです。

 

 

 

 

溜まって古くなったものを、外に出し、

新しく新鮮なものを、中に入れることが重要なのです。

 

 

スクリーンショット 2015-12-28 15.37.05

 

つまり、

いい循環を生むこと。

 

それが、40代前半でもお肌が綺麗な人がしていることです。

 

 

 

 

だからこそ、
肌が綺麗な人は、溜まったものをカラダから出すことにお金をかけています。

 

 

 

センスのない人は、

カラダの中に、入れることばかりを考え続けます。

 

自分の肌が綺麗にならないのは、自分にあった化粧品に出会っていないからだ!

と思い続け、お金を使い続けるのです。

 

 

 

 

ここが大きな分かれ道だと思っています。

スクリーンショット 2015-12-28 16.58.03

 

 

もしも、いまカラダに入れることにお金をかけてしまっているならば、

カラダから出すことにお金をかけてみてください!

 

 

 

 

40代後半で肌綺麗なひとの理由
Point2*しっかりとストレスケアをしている!*

スクリーンショット 2016-01-09 20.27.43

 

先ほどもお話ししましたが、

40代前半となると、カラダはどんどん溜め込むようになります。

 

 

その中の一つに、『ストレス』も入っています。

 

 

だからこそ、

このポイント2でも、同じく大切なのは、

 

溜まったものをカラダの外に出し、『いい循環を生むこと』なのです。

 

 

 

 

ストレスを溜めてしまうから、

カラダが疲労し、

 

 

ストレスを溜めてしまうから、スクリーンショット 2015-12-06 14.59.38

ジャンクフードが食べたくなり、

 

 

ストレスを溜めてしまうから、

正しいスキンケアをしなくなり、

 

 

ストレスを溜めてしまうから、

お金を使いたくなり、

 

 

ストレスを溜めてしまうから、

誰かにイライラして当たってしまい、さらにストレスが溜まる。

 

 

 

こんなふうに、悪循環が始まってしまうのです。

 

 

だからこそ、
その日に溜まったストレスは、その日に解消することが大切です。

 

 

 

私がおすすめするストレス解消法は、

ビタミンを取ること
半身浴をすること

 

スクリーンショット 2015-12-15 22.32.14

アラサー× → アラフォー○

私のおすすめサプリメントはこちらです。

スクリーンショット 2015-12-04 14.41.15

 

 

スクリーンショット 2015-12-15 22.39.48

 

 

40代後半で肌綺麗なひとの理由
Point3*ドクターズコスメを使っている!*

スクリーンショット 2016-01-10 23.46.34

 

 

40代後半で肌が綺麗な人になるためには、

ドクターズコスメを使ってみてください。

 

スクリーンショット 2015-12-17 2.34.48

 

 

40代後半となると、精神的にも落ち着いてきて、いろんな執着への諦めがついてきます。

 

 

 

『まあ、そんなにこだわる必要もないか』

 

 

 

生活に不必要のものは捨てて、人生に本当に必要なものだけが残っていく。

人生が洗練されていくのが30代後半なのかなぁと。。。

 

よく言えば、『洗練』ですが、

悪く言えば『諦めが早い』。

 

 

 

なので、

40代後半だからこそ、最短で結果を出すことが重要だと思っています。

 

 

最短で最高の結果を体感して、
『諦めるのはまだまだ早かった!!』
ということを実感してもらいたいのです。

 

 

そのために、紹介したいのがドクターズコスメです。

 

 

 

 

ドクターズコスメは、

市販の美容液よりも、アンチエイジングのための有効成分の濃度が濃く、お肌への浸透性が高い化粧品です。

 

 

有効成分の濃度が濃いドクターズコスメの商品はたくさんありますが、

40代後半のスキンケアの最終手段として、お肌の調子を良くするためには、

有効成分のお肌への浸透の早さも考えなければなりません。

 

スクリーンショット 2015-12-21 9.14.13

 

アンチエイジングに有効な成分の濃度
お肌への浸透の早さ

この二つを考えると、

私がオススメできるのは、『ビーグレン』です。

 

 

 

ビーグレンは、

もともとガンの研究者だったブライアン・ケラー博士が、研究の中で開発したガンの治療成分を極限まで小さくして浸透させる技術を、

化粧品に応用した商品なのです。

 

 

 

ビーグレンの公式サイトはこちらから>>>

 

 

そんな特徴をもったビーグレンは、

数あるドクターズコスメのなかでも、定番商品になっています。

 

スクリーンショット 2015-12-16 18.37.09

私が注目しているのは、

1800円でトライアルセットが試せることです。

 

 

 

 

実は、
私もビーグレンの『エイジングケア』のトライアルセットをお試ししましたf^^;

スクリーンショット 2015-12-19 14.56.33

スクリーンショット 2015-12-19 14.55.08

1800円で、お手軽価格ですが、

しっかりと梱包されていて、高級感がありました。

 

 

 

使った感想は、体験談を見てみてください^^

参考:*ビーグレンの体験談を見る>>>

 

 

 

ビーグレンのトライアルセットは、私が試したエイジングケアだけでなく、

毛穴ケアやホワイトケアなど、悩み別にいろいろ種類があります。

 

スクリーンショット 2015-12-17 1.03.32

 

ドクターズコスメで、1800円でトライアルセットを試せるものは、意外とほかにありません。

 

 

 

40代後半からのケアをしっかりして、美人でいるためにも、ドクターズコスメに挑戦してみてください。

 

 

ビーグレンは一般の化粧品とは、有効成分の濃度が違います。
さらにビーグレンの場合は、有効成分の浸透性がとても優れているので、
一般の化粧品とは、効果が比べ物にならないほど高いのです。

 

 

 

 

しかし、その分お値段が高いですf^^;
なので、もしもあなたのお肌にあわなかったら、悲しいのでf^^;

 

ぜひ、トライアルセットから試してみてください!

 

 

ビーグレンについて、詳しく知りたい方はこちら↓↓

ビーグレンの公式サイトはこちらから>>>

 

 

 

 

 

というわけで、

最後まで読んでいただきありがとうございました。

あなたがさらにキレイになって、ご活躍されることを期待しています。

 

 

 

そのために、

この記事が何かの参考になれば幸いです。

 

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。
30代後半がすべきスキンケアとは??
20代前半で美人になる方法!??
20代後半で美人になる方法!!
長澤まさみが可愛すぎる理由
石原さとみが垢抜けた理由
綾瀬はるかの美肌秘訣

 

 


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

わたしがビーグレンという化粧品だけは、お勧めする理由


このブログでは、ほとんど化粧品の紹介をしていません。

なぜなら、

キレイな肌、かわいくて優しい性格は、



『シンプルな化粧品。地道なことをコツコツと。』



が、できていれば、必然的に手に入るからです。





しかし、ビーグレンだけはお勧めしています


その理由はこちら>>>