ベランダガーデニングでハーブを育てる!育てやすいおすすめ3種

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

 

 

自宅のベランダのスペースを有効活用して、ガーデニングや家庭菜園を始めてみてはいかがですか?

ベランダが華やかになるだけでなく、うまく育てることができれば、毎日のお料理にも使えて、とってもお得になります。

あまり手間がかからずすくすく育つ、おすすめハーブ3種と、収穫後の活用術を紹介しています。

 

 

 

 

ミント

 

 

 

 

 

ミントは、丈夫で繁殖力が強く、とても育てやすいハーブです。

害虫対策もこれといって必要ではなく、風通しがよく乾燥がそれほど強くないところなら、日当たりがあまりよくなくてもすくすくと育っていってくれるので、ベランダで育てるのにとても適しています。

ミントと他の植物を一緒に植えると枯らしてしまうため、単独の鉢植えやプランターで育てるようにします。

清涼感のあるさわやかな香りを楽しめるので、ミントティーやお菓子など、活用方法もたくさんあります。

アイスクリームや、ケーキに添えるだけで、ぐっとおしゃれになりますよ!

 

 

 

セージ

 

 

 

 

 

セージは、日当たりがよく、風通しの良い環境であれば丈夫に育ってくれるハーブです。

特に難しい手入れなどは必要としませんが、高温多湿の環境にとても弱いので、夏場に育てる場合には注意が必要です。

鉢植えやプランターで育てる場合、ハーブ用の肥料が入った専用土を使用すると、手入れや管理がさらに楽になるのでおすすめです。

土が乾燥したまま放っておくと、病気や枯れの原因となるので、こまめに水をやることが必要ですが、それ以外は大した手間はかかりません。

消臭、殺菌効果があるので、収穫後は、お肉料理や煮込み料理のスパイスとして活躍してくれます。

 

 

 

タイム

 

 

 

 

タイムは、風通しがよく、少し乾燥した空気や環境を好むハーブです。そのため、高温多湿の環境や、水のやりすぎには注意が必要です。

水はけにさえ注意すれば、肥料なども特に必要がないので、タイムもまたとても育てやすいハーブです。

花が咲くと香りが弱まってしまうので、収穫前に花を摘み取っておく必要があります。

お肉料理や、煮込み料理はもちろん、さまざまな料理に使い道がとても広いハーブなので、毎日の食卓にたくさんの彩りを添えてくれます。

また、花を摘み取らず、観賞用としても楽しむことができ、ベランダを華やかに演出してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

必要なもの、管理の仕方

 

 

ベランダガーデニングでハーブを育てる場合、必要なものは、鉢と土、肥料ぐらいで、特に専門的なものは必要としません。

鉢は、素焼きのものが好ましいですが、プランタータイプのものでも問題はないので、自宅の環境に適したものを選んでください。

土と肥料は、最初から肥料が配合されているハーブ用土を使用すると、楽に育てることができます。

管理の方法は、それぞれのハーブに適した環境を整えてあげることと、水やりを忘れないことです。

真夏や真冬は少し注意が必要なハーブがいくつかありますが、それ以外は、丈夫な種を選べば簡単に育てることができます。

 

 

 

ハーブティーやお料理、お菓子のアクセントに使い道はいろいろのハーブ。

ぜひベランダでガーデニングを始めてみてくださいね!

 

written by  harukari78

 

 

この記事を読んだ方は、以下の記事も読んでいます。
20代前半スキンケア3つのポイント
30代前半でも肌綺麗な理由!
石原さとみの肌綺麗な理由!?
綾瀬はるかの美肌秘訣
菜々緒の肌綺麗!そのヒミツを探る
河北麻友子の食事量と美容法
桐谷美玲の肌が綺麗になった理由
長澤まさみが可愛くなった理由

 


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

わたしがビーグレンという化粧品だけは、お勧めする理由


このブログでは、ほとんど化粧品の紹介をしていません。

なぜなら、

キレイな肌、かわいくて優しい性格は、



『シンプルな化粧品。地道なことをコツコツと。』



が、できていれば、必然的に手に入るからです。





しかし、ビーグレンだけはお勧めしています


その理由はこちら>>>