酸化からアンチエイジングするための化粧品の選び方

この記事は2分で読めます


スポンサードリンク

スクリーンショット 2015-11-28 8.50.07

 

排気ガス、タバコの煙など、普通に生活していても、どうしても知らずのうちに化学物質を取り込んでしまうのが、

現代の生活です。

 

 

それらが、体内の酸素と反応し、活性酸素が生まれてしまうのです。スクリーンショット 2015-11-28 8.53.37

 

その活性酸素が、肌の真皮層にあるコラーゲンを破壊することによって、私たちの肌は老化していきます。

 

 

『じゃあ、コラーゲンを補充すればいいのね!!』

 

と、食べ物や化粧品からコラーゲンを補給しよう!という流れが流行っていますよね。

 

 

 

 

食べ物からコラーゲンを摂る場合

少し前からコラーゲン鍋など、食品からコラーゲンを補充しよう!!という考え方が浸透して、

鶏の手羽先やゼラチン、フカヒレなどコラーゲンが豊富な食品が注目されています。

 

 

しかし、

残念ながら食べ物から摂ったコラーゲンは、そのまま全て肌のコラーゲンにはなるわけではありません。スクリーンショット 2015-11-28 9.03.16

 

 

 

 

よくコラーゲン鍋を食べて、翌日は肌のツヤが増している!!という話があります。

 

『そんなことは全くない!!』

 

とは言いませんが、本来コラーゲンは、たんぱく質なのです。

つまり、『コラーゲン』の成分は、肉と同じなのです。

 

 

だから、

お肉をたくさん食べたところで、お肌がツヤツヤにならないことと同じです。

 

たんぱく質は吸収されると、確かにお肌の修復にも使われますが、他にも筋肉や髪の毛の成長や修復に使われるのです。

 

 

化粧品からコラーゲンを摂る場合

 

 

こちらも『食べ物からコラーゲンを摂る場合』とほとんど変わりません。

 

化粧品に含まれるコラーゲンは主に、魚の骨や皮から作り出されています。

そのコラーゲンをナノレベルに小さくして、お肌に吸収されやすいように工夫してあります。

 

 

しかし、

結局、そのコラーゲンは人間のものではなく、魚の骨や他の動物の皮のコラーゲンです。

 

 

『魚の骨や他の動物の皮のコラーゲン』が、お肌に吸収されると身体は、異物が入ってきたと拒絶反応を起こします。

 

その結果、口からコラーゲンを摂った時と同じように、消化され吸収されてしまいます。

 

 

 

 

まとめ

 

コラーゲンを摂取しても、お肌に100%使われるとは限らない。

 

 

 

対策

 

では、お肌のコラーゲンを効率的に修復するにはどうすればいいのか??

 

答えから言いましょう!

 

大切なのは、『睡眠』です。

 

 

お肌のコラーゲン修復の大きなカギを握るのが『成長ホルモン』です。

成長ホルモンが活発に働き、身体を修復するので、夜にしっかり眠っていることが美肌のために非常に重要なのです。

毎日一定の時間に寝て、同じ時間に起床するリズムができると成長ホルモンはさらにスムーズに分泌されるようになります。

美肌のためのアンチエイジング、ゴールデンタイムの睡眠は身体を内部から修復してくれる究極のサプリメントといえるかもしれません。

 

その他の老化原因からアンチエイジングする方法

光老化を防ぎアンチエイジングするための詳しい化粧品の選び方はこちらから>>>

乾燥を防ぎアンチエイジングするための詳しい化粧品の選び方はこちらから>>>


スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

わたしがビーグレンという化粧品だけは、お勧めする理由


このブログでは、ほとんど化粧品の紹介をしていません。

なぜなら、

キレイな肌、かわいくて優しい性格は、



『シンプルな化粧品。地道なことをコツコツと。』



が、できていれば、必然的に手に入るからです。





しかし、ビーグレンだけはお勧めしています


その理由はこちら>>>